じっぱひとからげ

十把一絡げになんでもかんでもつづる。

しっとりかぼちゃのふわふわシフォンケーキの作り方

jippahitokarage.hatenablog.com
「専門店のシフォンケーキ*1を参考に、かぼちゃのシフォンケーキをつくってみた。

<材料>

メレンゲ
・卵3個
・砂糖55g
コーンスターチ5g

■生地
・牛乳30g
・サラダ油36g
・裏ごししたかぼちゃ25g
・薄力粉55g
・砂糖12g
・さいの目に切ったかぼちゃ70g

あらかじめかぼちゃをゆでて、裏ごししたものとさいの目にきったものを用意しておく。

f:id:jippahitokarage:20160120213058j:plain

卵白に何も入れずにハンドミキサーで泡立てる。角が立つほどのメレンゲができたら砂糖を少しずつ加える。ここで重要なのは、しっかりと泡立てが終わるまで砂糖をいれないこと。砂糖は泡立てに邪魔になるけれど、砂糖がないと泡がつぶれやすい。しっかりと立ててから砂糖を入れると泡立ちが良い。砂糖を入れ終えたら、コーンスターチを入れてさらに混ぜる。

f:id:jippahitokarage:20160120211652j:plain

別のボウルで卵黄、薄力粉、砂糖、裏ごししたかぼちゃ、サラダ油、牛乳を入れてハンドミキサーで混ぜる。ここでは泡立てる必要はなく、乳化してホットケーキ生地のようなトロトロの状態になれば良い。

f:id:jippahitokarage:20160120211635j:plain

メレンゲを加えて混ぜたあと、さいの目にきったかぼちゃを入れてよく混ぜる。

f:id:jippahitokarage:20160120211729j:plain

まざったら、メレンゲのボウルにあわせる。メレンゲの泡を潰さないようにさっくり手早く混ぜる。

f:id:jippahitokarage:20160120211842j:plain

型に記事を流し込む。軽くゆすって記事がまんべんなく行き渡るようにする。メレンゲの泡が消えてしまうのであまりトントンしたり、型を持ち上げて落としたりしない。

f:id:jippahitokarage:20160120211859j:plain

160℃のオーブンで35分焼いたらできあがり。オーブンの癖によっては上部が焦げる可能性があるので、焦げそうなときはアルミ箔を丈夫にかぶせると良い。

f:id:jippahitokarage:20160120211923j:plain

粗熱をとったあと、ポリ袋に入れて冷蔵庫で十分冷やしたあと型から外す。型から外した直後がもっともふわふわした食感を楽しめるので、食べる直前にはずすと良い。

f:id:jippahitokarage:20160120212809j:plain

 

 <参考文献> 

専門店のシフォンケーキ―おいしく作れる!

専門店のシフォンケーキ―おいしく作れる!